GENERAL NEWS
北米西岸混雑状況のご案内
2014/11/14
北米西岸労使交渉の最新状況(2014年11月14日)

起用船社から得た現段階の最新状況をご案内いたします。
懸案のPort congestion chargeについては各運行船社から導入の示唆をされており、
高額な徴収実施の機運も高まってきております。本格導入された場合、
支払が滞ると貨物の引き取り拒否をされることも考えられます。
何卒、貨物到着、引き取り遅延の状況をご理解、ご留意頂きますようお願い申し上げます。



状況
北米西岸の混雑につきまして、最新状況を以下ご案内申し上げます。
現地時間11月13日の西岸各港の状況は以下の通りとなっております。

Los Angeles / Long Beach, CA
各ターミナルにおいて混雑が続いております。
また、一連の混雑によるコンテナ搬出入の長時間待機への抗議を目的とし、大手トラック組合により
複数ターミナルエリアでピケが張られた模様です。
今後ストライキに発展する可能性も示唆されております。
日本時間14日現在、本船荷役を含めたターミナル内作業は行なわれておりますが、トラッカーによる
ピケが長期化し、調停人による仲裁が無き場合、ターミナル内作業及びコンテナの引き取りに更なる影響を
及ぼすことが危惧されております。

Seattle / Tacoma, WA
ターミナル作業効率の低下により、荷役遅延、バース混雑が継続しております。

Oakland, CA
現地時間12日に一時シャットダウンが行なわれた模様ですが、13日より稼動を再開しております。


【ご案内書面はこちら】
以上
.