NEWS|セイノーロジックス
GENERAL NEWS
【韓進海運破綻による長期滞留コンテナの取り扱いについて】
** 釜山港における長期滞留コンテナでお困りのお客様へ **
2016/11/02

弊社PPP事業では、釜山新港に所有するMS Distripark保税倉庫を利用してコンテナ・トランスロード作業を行ったり、
日本向け及び他国への積み替え作業を行ったりすることが可能です。

長期滞留コンテナ問題の対応につきましてもご協力をさせて頂いておりますので、
今回の韓進海運経営破綻の影響により、お荷物が釜山港にて長期滞留コンテナとなりお困りのお客様は、
お気軽にPPP事業部、またはカスタマーサービスまでご相談ください。 

(注)釜山港ターミナルにて滞留、もしくは寄港予定本船に積載され釜山港に到着するコンテナが対象となります。

≪PPP事業部(新規事業部)≫
     050-3786-0999

≪カスタマーサービス≫
     横浜:045-682-5315  大阪:06-6260-1031  名古屋:052-221-7221


【ご案内書面はこちら】

以上
.