GENERAL NEWS
EBAF 導入のご案内(輸出)
2019/09/25

すでにご承知の通り、国際海事機関(IMO)は、MARPOL 条約において、一般海域又は指定海域(ECA)において
船舶からの排ガス硫黄分濃度(%)の上限を段階的に規制強化してまいりました。
当該規制への対応として、各船社とも掛かる費用の転嫁が進んできております。

この度、弊社におきましては、この様な環境を鑑み、新たに EBAF の導入をご案内致します。
EBAF 及び BAF の適用につきまして下記をご参照願います。
これを機に、より一層のサービス向上に精励致す所存でございますので、なにとぞ倍旧のご愛顧、
ご高配を賜ります様お願い申し上げます。




■適用開始:2019 年 10 月 1 日出港船
■航路  :東京/横浜/名古屋/大阪/神戸/博多出港
※博多出しはアメリカ向けのみ

・欧州向け: 10 月 $0.00W/M (11 月未定)
・アジア、豪州、中東向け:10 月 $0.00W/M (11 月未定)
・北米(米、カナダ)向け:10~12 月 $0.00 W/M
・中南米(メキシコ、パナマ、ブラジル、中南米* )向け: 10 月 $0.00W/M (11 月未定)
  *マイアミ、パナマ経由
・韓国向け:10 月適用ございません
・アフリカ向け:適用ございません
※地方港出港 全世界向け:10 月適用ございません

■EBAF(Emergency Bunker Adjustment Factor)とは:
 2019 年 10 月を$0.00 とし、以降の BAF と排ガス規制費用の双方値上り分を賄うサーチャージとなります。

※BAF をお支払い頂いている場合は課徴対象外です

BAF: 従来通り燃油費用及び排ガス規制費用の双方を賄うサーチャージとなります。


ご不明な点がございましたら、下記までお問い合わせ下さい。
セイノーロジックス株式会社
横浜:045-682-5315  大阪:06-6260-1031  名古屋:052-221-7221



【ご案内書面はこちら】

以上
.