走れコウタロー

sample

四月の朝、酒浸りの生活にウンザリしていたボクは、天気も良いので鶴見川の土手を走る十キロレースに出てみることにした。一時間以上前に到着したのだが、すでにたくさんのランナーがウォームアップしていた。やけに年配者が多い。ウェアも本格的で体つきもひょろりとして早そうだ。還暦はとっくに超えたと思えるオジさんが大きな声で隣の人と話しているのが聞こえた。

「いやあ久しぶり。先々月まで入院しててさ。肺を一個取っちゃったんだよ。医者に今日のこと言ったらさ、マラソンと命とどっちが大事なんだって言うから、もちろんマラソンだって言ってやったよ。アハハハ」うわーこりゃヤバイところに来ちゃったぞ。

スタートダッシュでコウタローのように出遅れたボクはあせってペースを乱し、前半で息も絶え絶えになってしまった。折り返しから戻ってくる老人ランナーに「がんばれ!」と声をかけられてますますヘコんでしまい、五キロで止めようかと思っていたら、若い女性軍団にゴボウ抜きにされてしょんぼりしながらも止めるキッカケをつかめず、フラフラになってなんとかあと一キロ地点までやって来た。

伴走と書いたゼッケンの人がボクの横に並んだので「がんばれ!」と言われるのかと思ったら、ボクのすぐ後ろの若い男(熱中症にでもなったかのようにぐらんぐらんに揺れていたのでボクがちょっと前に抜き去ったはずの男)に「**君。さあ、がんばって。この人を抜いちゃいなさい」とボクを指さした。ヒドイこと言うなあ。と思っていると、にわかに元気を出したぐらんぐらん男はボクを抜き去った。チクショウと思ったが足があがらない。

「さあ、**君。この人はもう大丈夫だ。ゴールはもうすぐだ。がんばれ」ちょっと待てよ、失礼じゃないか。それじゃあ、まるっきり脇役だよ。引き立て役だよ。という声も届かないほど**君は先に、いやボクが後方に引き離されて行った。

ボクより遅れてゴールしたのは、みんな脱水症状でヨタヨタになった若者ばかりで、中高年ではボクがペケ前だった。年配者はなかなかやるなあ、と年配者なのにそう思った。

 

年賀状

sample

かつてお正月の一番の楽しみは年賀状だった。深夜の初詣から戻って眠り、昼近くに起きるとまず郵便受けをのぞく。父は教師だったので、10センチ以上の厚みで生徒たちから年賀状が来る。仕分けするとボクに来る年賀状は父の10分の1もなかったけれど、母とはドッコイだ。この作業が楽しかった。

就職活動の時、某総合商社の一次試験は、今年来た年賀状を持ってきなさい、というものだった。大学卒を採用するのは学歴が理由ではない。日本中に広がる人脈の広さが理由だ、と人事担当者は説明した。さすがは世界のショーシャだと感動した。

ボクは個人的に年賀状はかかさない。相手が喪中の時にはクリスマスカードを出すことにしている。こちらが喪中の時は喪中用の版画を彫る。年賀状もできるだけ版画を彫る。会社では基本的に年賀状は出さない。ずっと壁に貼ってもらえるように、友人に描いてもらったクリスマスカードを出す。どんな時にも戦略は必要だ。

年賀状だけの付合いになってしまった友人はたくさんいるけれど、でも彼らは年を取らずに毎年一度ボクを訪れてボクの記憶を呼び起こす。携帯電話やメールが盛んになり、正月に洋食を食べる昨今、年賀状という習慣ぐらいはずっと大切にしたい。


 

copyright(c) Seino Logix Co.,LTD. All Rights Reserved.