薬王寺

開山 : 肥後阿闍梨日像聖人
本尊 : 久遠実成釈迦牟尼佛
開創 : 永仁元年(1293年)
宗派 :  日蓮宗
鐘の直径 : 71cm
鐘の円周 : 225cm
元真言宗に属し梅嶺山夜光寺と称していたが、永仁元年(1293年)日像聖人が時の住僧と論難し改宗して法華経受持の寺院となす。 日達聖人は有力な外護者の援助を得て、衰微していた当山を忽ちにして七堂伽藍完備の立派な寺院となし、山号寺号を大乗山薬王寺と改称した。 寛永年間、非業の最期を遂げた駿河大納言徳川忠長公の追善供養の為、奥方松孝院殿(織田信長の孫/信良の娘)は莫大な金子と広大な土地を寄進し、三千坪の境内に立派な諸堂を造営するも享保5年(1720年)悉く焼失している。 平成21年、法燈を第五十三世 大埜慈誠日誠上人に継承し現在に至る。
1 2

塾生の感想・お勧め度

素朴な中にも凛としていて大胆な柄が彫られている。
1 1 1