本覚寺

開山 : 日出
本尊 : 釈迦三尊
開創 : 永享8年(1436)
宗派 : 日蓮宗 
鐘の直径 : 不明
本覚寺の山門がある場所の前には、夷堂と呼ばれる堂があった。この夷堂は、源頼朝が鎌倉幕府の開幕の際に、幕府の鬼門にあたる方向の鎮守として建てたとされ、天台宗系のものであった。
その後の永享8年(1436年)に一乗院日出が日蓮にゆかりの夷堂を天台宗から日蓮宗に改め本覚寺を創建したという。 後に身延山を再興した第2世の行学院日朝は、身延山への参詣が困難な老人や女性のために、身延山より日蓮の遺骨を分骨して本覚寺に納めた。本覚寺が「東身延」と呼ばれる理由である。
1 2 3

塾生の感想・お勧め度

庭内は広く野草が多く見受けられる。 鐘楼のサイズは非常に大きく重厚感がある。
1 1 1