瑞泉寺

開山 : 夢想疎石
本尊 : 釈迦牟尼仏
開創 : 嘉暦2年(1327)
宗派 : 臨済宗円覚寺派
鐘の直径 :約60-70 cm
夢想疎石がここを禅院相応の勝地として選び嘉暦二年(1327)に建立した寺。山号の錦屏山は、紅葉谷を囲む三方の山が秋になると山が紅葉し、寺の背後に錦の屏風のように広がることから名付けられた。初代鎌倉公方・足利基氏(足利尊氏の4男)が中興した。足利基氏は夢想疎石に帰依し、瑞泉寺は基氏以降、鎌倉公方代々の菩提寺となり、鎌倉五山に次ぐ関東十刹の第一位の格式を誇った寺であった。仏殿の背後には後醍醐天皇や足利尊氏に帰依された夢想疎石の作と伝えられる岩盤を削って池を配した簡素な庭園がある。 庭は、中腹の鎌倉石の岩盤に庭の約束事である滝、池、中島等の全てを巧みにえぐって橋をかけ、さらに水を貯めて滝として流す貯水池までも刻んだ岩庭と呼ぶに相応しい庭園である。鎌倉期唯一の庭園として国の名勝に指定されている。また花の寺としても親しまれている。
1 2 3 4

塾生の感想・お勧め度

一年を通じて様々な花が見られるというだけあって、庭園が 見事でした。今回訪問した秋は、門をくぐると銀杏と楓が素晴らしくきれいでした。
1 1 1