円応寺

開山 : 桑田道海
本尊 : 閻魔王
開創 : 建長2年(1250年)
宗派 : 臨済宗建長寺派 
鐘の直径 : 不明
円応寺は、鎌倉時代作の閻魔像や冥界の十王の像でしられ、別名「新居閻魔堂」「十王堂」とも呼ばれる。お堂には閻魔大王を中心に、地獄の裁判をする十体の王がまつられている。三途の川で着物をはぐ怖い奪衣婆の像もある。この寺で赤ちゃんの名前をつけてもらうと丈夫に育つということから、子育て閻魔とも呼ばれ、お参りする人が多い。像の表情が笑っているようにも見えるため、笑い閻魔とも呼ばれる。木造初江王坐像など、多くの重要文化財を蔵している。
1 2

塾生の感想・お勧め度

大きなお寺ではありませんが、十王の像は圧巻でした!恐ろしい表情の像や、どことなく親しみを感じる像など、見ていてあきません。  
1 1 1