建長寺

開山 : 大覚禅師
本尊 : 
開創 : 建長5年(1253)
宗派 :  臨済宗
鐘の直径 : 不明
開山大覚禅師は中国西蜀淅江省に生まれた。臨済宗松源派の無明惠性禅師について嗣法した。そして時頼は建長五年(1253)禅師を請して開山説法を乞うた。開堂説法には関東の学徒が多く集まり佇聴したという。こうして、純粋な禅宗をもとに大禅院がかまえられたが、その功績は主として大覚禅師に負っているといえる。禅師は鎌倉に十三年いて、弘長二年(1262)京都建仁寺にうつり、その後また鎌倉に戻ったが叡山僧徒の反抗にあって二回にわたり甲斐に配流されたりした。
1 2

塾生の感想・お勧め度

鎌倉の中でも一際大きなお寺で風情もあり、鐘も堂々としていた。
1 1 1