浄妙寺

開山 : 退耕行勇
本尊 : 釈迦牟尼佛
開創 : 1188年(文治4年)
宗派 :臨済宗建長寺派
鐘の直径 :約30cm
源頼朝の忠臣であった足利義兼が建立し、はじめは極楽寺と称しました。その後1257-59年の間に浄妙寺と改められました。鎌倉五山第5位の寺格を持つ寺で、室町時代は、境内に23の塔頭を持つ大寺院でした。茶室と枯山水の庭は、平成3年に復元されています。本堂の奥にある鎌足稲荷神社は、鎌倉の地名の由来になったとされています。
1 2 3 4

塾生の感想・お勧め度

大変綺麗なお寺で、さすが鎌倉五山の一つという印象でした。枯山水の庭は見事でした。鐘は昔、もっと大きなものがあったそうです。
1 1 1