別願寺

開山 : 覚阿公忍
本尊 : 阿弥陀如来
開創 : 弘安5年(1282)
宗派 : 時宗 
鐘の直径 : なし
別願寺は、鎌倉公方代々の菩提寺であり、鎌倉での時宗の中心として栄えた。
 もとは真言宗の寺で能成寺といったが、1282年(弘安5年)、住職だった公忍が一遍に帰依し、名を覚阿と改め時宗に改宗した。同時に寺の名を別願寺とした。
 境内には、室町幕府に対して「永享の乱」を起こした足利持氏(四代鎌倉公方)のものとされる供養塔(宝塔)がある。この供養塔には、持氏の怒りを鎮めるため、四方に鳥居の浮彫りが施されている。
1 2

塾生の感想・お勧め度

歴史のあるお寺である。 あまり見るところはない。
1 1 1