教恩寺

開山 : 知阿
本尊 : 阿弥陀如来三尊
開創 : 延宝6年(1678)
宗派 : 時宗 
鐘の直径 : なし
山門の十六羅漢の彫刻が見事な教恩寺は、一ノ谷の合戦で敗れ捕らえられた平清盛の子で重衡に縁のある寺。
 重衡は、南都焼討ちによって、奈良の東大寺や興福寺を焼いた武将。
 「一ノ谷の合戦」で捕らえられ鎌倉に来た際に、源頼朝より一族の冥福を祈るように阿弥陀像を与えられたという。その像が教恩寺の本尊で、運慶作と伝えられている。
1 2

塾生の感想・お勧め度

住宅に囲まれた小さなお寺
1 1 1