光触寺

開山 : 作阿上人
本尊 : 阿弥陀三尊
開創 : 1279年(弘安2年)
宗派 : 時宗
鐘の直径 :なし
時宗の開祖・一遍上人が開基と伝えます。本尊の木造阿弥陀如来及び両脇侍立像(頬焼阿弥陀)には、盗みの疑いをかけられた法師の罰の身代わりになり、頬に焼印が残ったという伝説があり、国の重要文化財指定されています。本堂の前には、塩嘗地蔵は、塩売りが塩を供えると、この地蔵が嘗めて無くなっていたという伝説があります。
1 2 3

塾生の感想・お勧め度

鐘はみつけられませんでしたが、頬焼阿弥陀や、塩嘗地蔵といった伝説があるお寺で興味深いお寺でした。
1 1 1