成福寺

開山 : 北条泰次
本尊 : 阿弥陀如来
開創 : 貞永元年(1232)
宗派 : 浄土真宗本願寺派
鐘の直径 : 不明
鎌倉市内で唯一の浄土真宗の寺。 開基は鎌倉幕府代3代執権北条泰時の子、北条泰次で、開基時は天台宗の寺院であった。 泰次は天台宗の僧として裏山の「亀の崫」で修行していたが、貞永元年(1232年)に親鸞の教えを受けて「成仏」の名をもらい、浄土真宗に改宗した。その年に新しい本堂を建て、親鸞から送られた『聖徳太子像』を安置した。 その後、鎌倉幕府は滅亡し、4代住職成円(北条高時の弟)は、追放された。 以後室町時代までの約70年間、無住であったとされている。
1 2 3

塾生の感想・お勧め度

静かな佇まいで、とても落ち着いた雰囲気のお寺です。 「亀の崫」や「聖徳太子像」など、残されているものに歴史を感じます。
1 1 1