宝戒寺

開山 :五代国師(円観慧鎮)
本尊 :子育経読地蔵大菩薩
開創 :1335年(建武2年)
宗派 : 天台宗
鐘の直径 :約70cm
新田義貞の鎌倉攻めにより、この寺の南東にある「腹切りやぐら」で、最後の執権、北条高時をはじめ北条一族870名あまりが自害したと伝えられています。滅亡した北条氏の霊を弔うため、また修行道場として、後醍醐天皇が足利尊氏に命じ、北条氏の屋敷があったこの地に寺を建設させました。秋には境内一面に白はぎが咲き、はぎ寺として親しまれています。
1 2 3

塾生の感想・お勧め度

大きな道路に面しており、本堂も大きく、鐘も立派でした。建立の歴史を知ると、とても印象に残るお寺でした。
1 1 1