冷凍(ばりひえ)・冷蔵(ひんやり)混載サービス

温度管理が必要な商品の輸送に最適なサービスです。
冷凍・冷蔵倉庫で荷受けした貨物を冷凍・冷蔵コンテナに積み、コンテナ内を一定の温度に保ちながら輸送することにより、食品の品質を損なうことなく海外へ輸送することができます。

ばりひえ・ひんやり混載サービスを知る3つのポイント

POINT: 低コストで
輸送が可能!

コンテナ1本を立てる必要がなく、お預かりする物量のスペース分だけの運賃で輸送することができます。物量が多くなくても低コストで輸送できるのは、混載輸送サービスならでは。

POINT: 食品の品質を
保ちます!

冷凍・冷蔵コンテナ(リーファーコンテナ)を利用したサービスのためコンテナ内の温度は一定(-20℃/+7℃)に保たれます。デリケートな日本食の品質も保ちながら輸送することができます。

POINT: 世界中へ
手配が可能!

香港、基隆(台湾)、シンガポールを中心に幅広いエリアをカバー。その他仕向地についてもお気軽にお問い合わせください。

サービス概要

コンテナ内を-20℃に保って輸送する「ばりひえ混載サービス(冷凍混載サービス)」と、+7℃に保って輸送する「ひんやり混載サービス(冷蔵混載サービス)」では、それぞれ冷凍・冷蔵コンテナ(リーファーコンテナ)を使用して海上輸送することで、商品の品質を保ちながら輸送することができます。

コンテナ1本に満たない小ロットの出荷でも、物量に応じた従量制の料金※で輸送ができます。これまで、少ない物量であるにも関わらずコンテナを仕立てたり(FCL)、航空便を利用したりと高いサービスを利用せざるを得なかったケースも、この海上混載サービスをご利用いただくことでお手頃な価格での輸送が可能です。

※ 最小単位は1M3、もしくは2M3です(航路による)

項目 ばりひえ混載(冷凍混載) ひんやり混載(冷蔵混載)
設定温度 -20℃ +7℃
受託CFS 川崎、神戸、博多 川崎、神戸、博多
仕向地例 香港、基隆(台湾)、シンガポール 香港、基隆(台湾)、シンガポール

ばりひえ・ひんやり混載サービスのイメージ

  1. ① 集荷・搬入

    冷蔵倉庫へ搬入していただきます。

  2. ② バンニング

    冷蔵倉庫でお荷物を集約、ひんやりコンテナ※1に詰め合わせます。

  3. ③ CY搬入

    冷蔵倉庫から港までひんやりコンテナ※1を運びます。

  4. ④ 積載・出港

    船に積み、海上輸送します。

  5. ⑤ 本船入港

    船から降ろし、港からひんやりコンテナ※1をピックアップし、冷蔵倉庫※2へ運びます。

  6. ⑥リリース

    冷蔵倉庫※2でひんやりコンテナ※1を開け、お荷物を取り出し、荷受人様にお渡しします。(ご指定住所までの配送も承ります!)

※1 リーファーコンテナのことを指しています。
※2 一部の仕向地では常温倉庫での手配となることがあります。
※ 上記は一般的な混載輸送の流れであり、実際の手配と異なる場合もございます。一部イメージでの説明となっております。

CONTACT
サービスに関するお問い合わせ お困りの方はこちらからご相談ください  READ MORE

関連するサービス